素材による利点・欠点
保険のレジン(白い詰め物)
利点:安価(1~3割負担)で白い 一回の治療で済む 小さい虫歯に適応
欠点:歯と歯の間の虫歯には強度が足らないためすぐに欠けたり、また虫歯になったりする
   樹脂で出来ているため変色や削れて徐々に無くなったりする
保険の銀歯(金銀パラジウム合金)
利点:安価(1~3割負担) 頑丈
欠点:噛みあわせが強いと噛みあわせの歯が欠けたり割れたりしやすい。(硬すぎる)
   レントゲン上でかぶせものの下の虫歯が判らない
   金属アレルギーが出やすい。アレルギーの人は使用不可。
保険外のレジン(白い詰め物)
利点:審美性に優れる 保険のレジンよりも耐久性に優れる
欠点:高価 樹脂で出来ているため変色や削れて徐々に無くなったりする
ゴールド(金)
利点:金属自体が延伸性があるため、詰め物の下の虫歯になりにくい
   やわらかいので噛みあわせが自然
   下の歯にセラミックインレー等の白い歯が入っている場合、それが割れにくい
欠点:審美性がわるい 近年価格高騰により高価
セラミック(陶器・メタルボンド・ジルコニアクラウンの表層)
利点:審美性 レジンと違い変色 耐久性が良い
   熱伝導率が低いため、詰めた後に染みにくい
   詰め物の下の虫歯が判りやすい
欠点:割れやすい(旧世代のセラミックや安価なものは非常に割れやすいです)
   製作時、精度に誤差が生じやすい(機械出しの場合)
ジルコニア
利点:セラミックより耐久性が圧倒的に良い
   
欠点:白いが審美性に欠ける 前歯には適応できない
   近年出た素材なので長期的報告が無い
   歯よりも硬いので長期的にみると、噛みあわせの歯が欠けたり割れたりする可能性がある